通信制高校やサポート校

posted by: 通信制高校

通信制高校やサポート校 はコメントを受け付けていません。

年度途中などでも、通信制高校やサポート校は入れるようになっています。その理由は、通信制高校のような学校が学年のない単位制というシステムを最大限に活かすことが可能な学校であるという事情によります。
立地や諸費用など、学校によって異なるものなので、一つ一つを比較検討し、自分自身に他のどこよりも適していると認識した学校に決定するのが好ましいと思っています。

普通高校や働きながら通える定時制高校の入学式が行われるのは、総じて4月ということになりますが、通信制高校においては多くの場合、入学は10月で、卒業は9月という秋入学のパターンも導入しています。
中学校を出たばかりの10代から社会に出て働いている人や定年後の60代以上の方まで、自分のペースで学べる通信制高校には多種多様な境遇の方々が就学しています。色々な年代の人たちと一緒になって学習に取り組み、新しい友人との交友関係も比較的容易にできるでしょう。

国から給付されるこの高等学校等就学支援金については、生徒並びに保護者ではなく生徒が通う学校が受領して学費に充当し、生じた差額を生徒並びに保護者に求めるということになるのです。
「通信制の課程」で教育を行う通信制高校には、学習のフォローをしてくれるサポート校とコラボレーションしているところも数多くあり、サポート校の方には大学を目指す人のために大学進学にウエートを置いた大学進学コースが用意されているところも数多く見られます。

同級生と共に進学した全日制の高校はドロップアウトしてしまったけれど、できれば高卒資格は取りたい、もっと学ぶために大学に進みたいと考えている人のための選択肢の一つとして、ライフスタイルに合った学び方ができる通信制高校があるといえます。

8月と11月の年間2回高卒認定試験が実施されます。この2回の試験で必要な科目数の合格を得られれば、次年度には早くも大学進学に臨むことも可能になるという条件が満たせます。
大抵授業料については、きっちりとした額をはじき出すのが難しく、転・編入時期や履修単位数や専攻科目によっても異なるものなので、トータルの金額はとりあえずのものとして見ておいた方がいいです。
単位制になっている高校は各都道府県に見られ、学校ごとにカラーが異なりますから、あなたのお子さんの個性に合う入ってよかったと思える単位制高校を選択することが可能です。
私立高校に通学する生徒の状況を鑑み、就学支援金の加算対象を現行よりさらに幅広くするなど、各家庭の経済状態に関係なく、希望に応じた進路の選定が可能となります。
高卒認定資格を得た後に、新たな目標として大学進学を見据えるというケースであれば、目指す大学により行われる試験、若しくは必要ならば国立大学・公立大学等への入学条件となるセンター試験を受けることになります。

在籍年数3年で卒業するのであれば、平均して1年間あたり25単位の履修が求められますが、年間で平均25単位の履修が求められますが、個々の都合で変えてもいいので、支払いもそれを受けた数字になります。
「大検」時代は、9科目あった試験科目が、「高卒認定」に改められてからは、8科目になりました。ほんの1科目だけとは言え、対策しなければならない対象が減ったということになりますから、受験生サイドには相当なプラスになります。

サポート校は予備校や専門学校などが運営している学校が非常に多いので、高校で学習する必修教科に限定されることなく、専門分野に関する知識や実技を学ぶことができるという他にはない利点もあります。

posted in: 通信制高校

全日制の高校と同じく週に5日

posted by: 通信制高校

全日制の高校と同じく週に5日 はコメントを受け付けていません。

通学タイプは、全日制の高校と同じく週に5日から在宅での学習がメインのコースまで選択肢がありますが、あなた自身の生活習慣に沿った満足できるサポート校をしっかりと選ぶことをお勧めします。
今現在どのような面での支援を必要としているのか、将来を見据えた時にどういう方向でのサポートをしてほしいのか、それらの内容を考慮しつつ、サポート校に関することを調べてみるといいでしょう。
一般に通信制高校は、学校によっては1年に数回だけ学校に行けばOKとされたり、授業内容のレベルや学習予定も、思うように組んでいくことができるようになっています。
届け出を出す際は最新の案内を手に入れなければなりませんが、公立とか私立の区別なく、通信制高校という特殊な高校でも国から出る高等学校等就学支援金がもらえるというのは、とても安心できるものです。
通信制高校のカリキュラムでは、大抵自宅における一人きりの勉強が核となるのですが、毎週決まった日数だけ学校へ足を運び、学ぶこともOKなスタイルも単位制高校には設けられています。
全日制の普通高校との比較を行うと、通信制高校の課程では1日の授業内容の密度の濃さが薄く浅くなる嫌いがあるので、高校卒業資格を獲得するまでに4年ほど費やさなければなりません。
高卒学歴取得のための高卒認定試験は、文科省が8月と11月の年2回行う昨今認知が広がってきた試験です。現在の名称となる前は大検として知られていました。翌年4月1日までに満16歳以上になる人であれば、どんな人でも試験を受けられます。高校に行きながらでも大丈夫です。
通常の高校で受ける授業内容のうち、受験対策として最重要となるいくつかの科目のみ選りすぐって、それだけを学習することにより、通信制高校に在籍しつつ大学進学にチャレンジすることもできる流れになっています。
全日制課程の高校のように、生徒全員が同額の授業料を納めるわけではなく、通信制高校のシステムでは1単位ごとの費用をベースに、個々の生徒の履修単位数に対応して授業料が弾き出されます。
全日制の普通高校は卒業できなかったけれど、できれば高卒資格は取りたい、自分に合った大学に入りたいと願う人のための一つの選択肢として、各自の都合に合わせて勉強できる通信制高校という制度が存在するのです。
就学支援金をつぎ込んでも、私立の通信制高校の授業料は、自分の負担で補填しなければならないというデメリットもありますが、優れた卒業率や安心して学べるというところから、私立を選択する人も多く見られます。
もし今の時点で大学への進学を考慮に入れているのなら、高卒認定試験の受験を何をおいても考えてみてほしいと思います。続くステップに短ければだいたい6か月ほどで進むことができます。
絶対に学校案内を読んだだけで安易に決定せず、何校かに足を運んで納得できるまで比較検討を行い、きめ細かく実情について情報収集されるように提案いたします。
ご自身に適した高卒資格取得へのチャレンジを支援する高卒認定予備校にめぐり会うため、数多くの高卒認定予備校の学校案内等の資料を入手し、注意深く比較検討してみることを提案します。
通信制高校に必要な総額費用の中身は、大体が固定費用並びに授業料ということになります。固定費用とは具体的に何を指すかというと、運営に関しての管理費であるとか部活や学校行事等の特別活動費がそれに当たり、それぞれの学校及び授業内容によって費用の額は異なります。

posted in: 通信制高校

通信制高校は各都道府県から入学OK

posted by: 通信制高校

通信制高校は各都道府県から入学OK はコメントを受け付けていません。

3年の在学期間で卒業したいのなら、年間で平均25単位を履修しなければなりませんが、平均で1年に25単位の履修が必要ですが、個々の都合で変更することが認められているので、料金もそれに対応した数字に変動します。
絶対に資料だけで安易に決定せず、2校以上の学校に足を運んで納得できるまで比較検討を行い、きめ細かく内部の状況について情報収集されるよう推奨します。
広域を対象とした通信制高校は各都道府県から入学OKです。考えて選んだ通信制高校に在籍するために、該当する通信制高校の近隣に住まいをみつけることなどを考える必要はゼロです。
高校に在籍しつつ高卒認定試験にパスすることによって、高校における課程で履修しなければならない科目数を削減することが認められます。履修単位数に連動して学費が変わってくる学校では、費用の削減にもなります。
かつては、全日制課程の高校へ入学するというコースが普通と思われていましたが、それぞれのペースで学習を進められる通信制高校へ行くという今までにない形も受け入れられつつあると思われます。
通信制高校で必要となる費用の内訳は、多くの部分が固定費用と授業料で占められます。固定費用をわかりやすく言うと、学校を運営するための管理費や部活などを行うために必要な特別活動費がそれに該当するもので、各学校やそれぞれの授業内容により費用の額は様々です。
仕事に従事しながら通信制高校を利用して高卒資格を得ようとする人も多くみられますが、今は生徒のあらゆる状況に対応可能な融通の利く学習システムを有する通信制高校が増えつつあります。
基礎レベルからの出題が大半となる高卒認定試験ですので、その難易度は国公立の大学へ行く為には必須であるセンター試験よりずっと低い水準とされます。大抵満点を100点として、40~45点で合格ラインになります。
就学支援金のみならず、各都道府県等で収入に応じて設けている学費免除制度が存在します。詳しいことは学校説明会などに足を運んで直接聞いてみてください。
細かなことは、各校ごとに欲しいだけ該当するパンフレットを頼めますから、まず最初に、資料の取り寄せの手続きをして、手元に届いたら内容をよく読んで、自分の希望に合うかどうかを検討してみなければいけません。
年に2回8月および11月に高卒認定試験が行われます。受験可能な2回で必要な受験科目をパスすれば、次年度には早くも大学進学を志すことが可能です。
授業料の高い私立高校に在学する生徒のためには、就学支援金の加算対象を今までより更に充実させていくなど、家ごとの経済状況に左右されず、自分が希望する進路の選び方ができるようになることでしょう。
「高等課程」を設置する専修学校である高等専修学校、高校に行かなくても高卒レベルと認定してもらえる高卒認定試験(旧大検)、ドロップアウトした全日制の普通高校などの履修単位の数を、編入あるいは転入した通信制高校で履修することになる単位に振り替えてもらったり、併修を選択するということもできます。
通常の高校や働きながら通える定時制高校の入学式があるのは、概ね4月ということになりますが、大抵の通信制高校では、入学時期が10月で、卒業するのが9月というパターンも用意しています。
通学に関しては、全日制の高校と同じく週に5回の登校から在宅学習コースまで色々ありますが、自分自身のスタイルにフィットした納得できるサポート校を選ぶのが一番です。
単位制高校なら通信制高校へ転入で卒業できます

posted in: 通信制高校

通信制高校の授業内容

posted by: 通信制高校

通信制高校の授業内容 はコメントを受け付けていません。

申請するのであれば新着情報を確認しておくべきですが、公立とか私立を隔てることなく、通信制高校という変わった学校でも国の高等学校等就学支援金が受領できる現状は、大きな安心感があります。
就学支援金を活用しても、私立の通信制高校の学費は、自分のお金で足りない分を埋めなければならないという点もありますが、優れた卒業率や安心して学べるというところから、敢えて私立をとる人も増えています。
もとより通信制高校というのは、中学を出て時をおかずに職をみつける必要があるなどの仕方のない事情で、全日制の高校や定時制高校に行くのが困難な若年層が高校教育を受けるための教育機関でした。
基本的なレベルの出題が殆どである高卒認定試験ですので、その難易度は国公立の大学へ行く為には必須であるセンター試験と比べるとかなり低いということになっています。通常100点満点で、4割ほどクリアすれば合格と認められます。
全日制の高校のように、生徒全員が同額の授業料を納めるようにはなっておらず、通信制高校の制度では1単位ごとの費用をベースに、各々の生徒の履修単位数で授業料が弾き出されます。
単位制と大まかにくくっていますが、実際には多彩な学校が存在するのです。自分自身はそこに入ってしたいことはあるのか、そこの校風に適応できそうかなど、時間をかけて検討を行うことが重要です。
特に高校の1年次を修了した後に退学したというケースなら、結構な数の免除科目が申請できます。高校の中途退学から自分のペースで勉強ができる高認は、大学進学にチャレンジすることを目的とした場合の最も短い試験制度といっても過言ではありません。
従来は、中学卒業後は全日制の高校へ進むという進路が当たり前とされてきましたが、各自の都合に合わせて勉強できる通信制高校を選ぶという新しい形の進路も受け入れられつつあると思われます。
中途半端な時期からでも、通信制高校やサポート校は入学が可能となる体制となっています。どうしてそういうことが可能になるのかというと、これらの新しい形の学校が学年で区切らない単位制というシステムを有効に利用できる学校であるという事情によります。
通常の高校や夜間に学べる定時制高校の入学式が行われるのは、大抵4月ですが、殆どの通信制高校において、入学時期が10月で、9月に卒業するという秋入学コースも存在します。
ウェブサイトで資料請求フォームに入力するだけで、送料なども無料で各種の資料請求をすることができるようになっています。ここぞと思ったところからこつこつと請求して、次なる道を進み始めてください。
各学校により、当然詳細は色々と異なるところも少なからずあるのですが、この場では世間で一般的とされる通信制高校の授業内容の難易度や学習の時間配分をご覧いただきます。
必要経費を節約したい、できる限り無駄な時間をとられたくない、などのことをわずかでも感じている方には最適な制度が、毎日高校に通わなくても高校卒業資格を得る事ができる高卒認定試験です。
適当な地域を選んで指定すると、あなたが知りたい地域の学校が示されるように作られていたり、たくさんの学校の学校案内等の資料請求を一緒に行えるポータルサイトがありますからいろいろ探してみましょう。
大学進学を目標とした際の通信制高校に通うというプランは、普通高校と全く同じに高校卒業資格を手に入れることが可能となるので、高卒認定試験を受験することよりもすんなり受容できるものとなります。

posted in: 通信制高校

高等学校等就学支援金制度

posted by: 通信制高校

高等学校等就学支援金制度 はコメントを受け付けていません。

私立通信制高校のうちの一部が国から給付される高等学校等就学支援金制度の対象校に指定されています。対象校になると、公開されている価格より実際のところは非常に安価で在学することが可能だと思われます。
一人一人にぴったりの高認試験対策のための高卒認定予備校を探し出すため、たくさんの高卒認定予備校の学校案内等の資料を手に入れ、注意深く色々な視点から比較検討してみることを一番に提案したいと思います。
今どきは色々な理由があって、全日制の普通高校を休んでいる生徒が、わざとその高校を辞めてしまってまで高卒認定にトライするという話を頻繁に耳にするようになったりと、時代の要請にぴったりの試験だと考えられます。
技能の専門 教育を受ける高等専修学校、毎日高校に通わなくても高校卒業資格を得る事ができる高卒認定試験(旧大検)、ドロップアウトした全日制などの履修単位数を、転籍した通信制高校で履修することになる単位に振替を行ったり、併修を選択することもOKです。
通信制高校やサポート校に行けば、在学中の生徒個々に対して、心を砕きつつ勉強の世話をしてくれる学習のサポートに注力した学校、キャンパスライフを満喫できる精神的な個別サポートもしてくれる学校など、千差万別です。
8月及び11月の年2回高卒認定試験が全国で執り行われます。その2回のうちどちらかで受験した科目を全てクリアできれば、次年度にはすぐさま大学進学を志すことができるようになります。
自分のペースで学べる通信制高校は単位制を取り入れているために、履修単位数や学習スタイルによって授業料は随分変わります。加えて、全日制課程とは異なるカリキュラムの通信制高校も高等学校等就学支援金が受け取れます。
まずは資料請求してパンフレットを手に入れてみましょう。じっくり考えたりせず、すぐさま請求フォームに入力してみましょう。数多くいる先輩たちも、このステップから始めているわけですから。
就学支援金というのは、国に届け出ることによって受給できる支援金のことです。都立などの公立の通信制高校においては、学費が無料となり、近年増加している私立では年間12万円程度が決められた授業料から減免されることになります。
かつては、中学卒業後は全日制の高校に入るという進路が普通でしたが、それぞれのペースで学習を進められる通信制高校へ行くという一般的とは言い難いコースも珍しくなくなってきたように見受けられます。
通信制から大学進学を目指している人には、高校で身につける基礎知識のみならず、大学受験についての?ベルの高い技量を誇る予備校を母体としたサポート校で学ぶということは、一つの手段となることでしょう。
通常の高校で習う授業内容のうち、受験対策として必須となる科目のみを選りすぐって詰め込むことで、通信制高校に籍を置きながら大学進学に挑戦することも可能な流れになっています。
公立と比べて、私立が抜群の卒業率を示す理由は、サポート校や担任の先生、その上心理カウンセラーによる協力が細部まで行われているからです。
通学タイプは、全日制の高校と同じく週5日というものから在宅型まで色々ありますが、自分自身の生活に沿ったここに行きたいと思えるサポート校をしっかりと選ぶことをお勧めします。
高卒認定資格を無事手に入れた後に、更に大学進学を望むというケースであれば、入りたい大学で実施される試験、もしくは大学入試のためのセンター試験を受けなければいけません。

posted in: 通信制高校

通信制高校の特徴とは

posted by: 通信制高校

通信制高校の特徴とは はコメントを受け付けていません。

通信制高校は公立と私立がありますが、公立の方が学費安いです。
それは学費の他に入学金や施設運営費等を支払う必要があるため、割高になります。

しかし私立の学校には、授業がインターネットで放送視聴できる等、公立には無い授業風景があります。
学費では無く、サポート重視で選ぶなら私立の方が最適と言えます。

そんな通信制高校には、普通科・専門学科・総合学科等の学科があります。
普通科は普通教育を主とする学校で、基礎的な勉強を行います。

国語や地理歴史をはじめ、各教科の教育活動が行われます。
専門学科は専門的な教育を行う学科です。普通教育をより高度に拡充させた専門教育が受けられます。
農業や工業をはじめ実践的な職業教育を受けられます。

総合学科は、幅広い選択科目から生徒が自分自身で科目を選択する事ができます。
個性を生かした学習を重視する事を目的とし、1年目は幅広く学び、2年め以降は専門系列の勉強を学習するスタイルが特徴です。

教科書からの出題が多くを占める高卒認定試験ですから、難易度の方は国公立の大学へ入学する為のセンター試験よりかなり低い水準とされます。大抵満点が100点ならば、4割ほどクリアすれば合格になります。
一般に通信制高校は、学校によっては1年に数回しか学校に出席しなくてもOKとされたり、授業内容のレベルや学習時間も、フリーダムに組むことが可能です。
オープンキャンパスなどで、肌で感じる実際の校風や普段通りの授業内容を観察してみましょう。学校の感じややりたいであろうことが、自分がやりたいことに符合するのか熟考を重ねて決断することをお勧めします。
日本で入学した高校を辞めて、他の国で高校卒業資格を手に入れたい、あるいスキルアップを目指して大学進学を検討されている方には、無駄な時間や出費を切り詰めて上に進級できるプランもあります。
通信制高校やサポート校にお世話になれば、籍を置いている生徒個々に対して、心を砕きつつ勉強の世話をしてくれる学習のサポートに注力した学校、学校での生活を堪能できる様々なイベントが用意されている学校など、セールスポイントは多岐にわたります。
8月と11月の年間2回高卒認定試験が行われます。この2回の試験で必要な科目数が全て合格点に達したら、その翌年には早速大学進学にチャレンジすることができるようになります。
仕事をしながら高卒の学歴を得るために通信制高校に通う人も多くみられますが、近頃では生徒の様々なニーズに対応可能な柔軟なカリキュラムが強みの通信制高校が増えてきました。
通常の高校と比較してみたら、通信制高校については1日に学習すべき授業内容自体が薄い感じにならざるを得ないので、高卒資格を手にするまでに通常4年かけることになってしまいます。
自宅学習を選択したとしても、担当の先生に気軽に相談できるなど、無理をせずに個々のペースが尊重される学習カリキュラムでありつつ、確固たる主体性を培う授業内容は、他にはないスタイルを持つ私立の通信制高校の利点といえるでしょう。
調べたい地域を選択することにより、その地域にある学校が見られるようなアイデアになっていたり、一つだけに限らずたくさんの学校に関する資料請求を一気に行える情報サイトがウェブ上に溢れています。
授業の前に予習を行うと、授業内容を完ぺきに自分のものにするのが楽になります。授業が行われる日にどの部分をやるのかがレポートに書かれているので、指定された範囲を事前に勉強しておくことをお勧めします。
一般的な高校で受ける授業内容のうち、受験対策として最重要となる科目だけを抜き出して、それだけを学習することにより、通信制高校に通学しながら大学進学に挑戦することも可能なカリキュラムになっています。
一般的な高校や夕方以降に授業が始まる定時制高校の新入学は、大抵4月になりますが、大多数の通信制高校において、入学時期が10月で、卒業するのが9月という秋季入学のコースも存在します。
高校無償化法案可決の流れを受けて、全日制とは異なる教育課程の通信制高校でも国の高等学校等就学支援金の供与を給付対象となっている家庭に実施し負担の軽減に努めています。対象となっているのは、年収910万円未満程度の世帯と決められています。
授業内容の難しさは、それぞれの通信制高校により、もしくはセレクトした課程の流れによっても異なる部分が色々ありますが、本質的に全日制課程の普通高校と比較すると授業内容そのものの水準は低いというのが現実です。

posted in: 通信制高校

つくば開成高校について

posted by: 通信制高校

つくば開成高校について はコメントを受け付けていません。

単位制の通信制高校、それがつくば開成高校です。
ここは広域通信制高校で、全国各地に学習センターがあります。
全日制とは異なり毎日学校に通う必要はないので、働きながら通うこともできます。

中学校を卒業後の入学はもちろんのこと、以前通っていた高校を中退した人や他の高校からの転入も可能です。
以前通っていた高校で取得した単位や在籍期間がこのつくば開成高校での卒業条件として認められるので、安心です。
ここで一定の条件をクリアすることで、高卒の資格を得ることができ大学進学も可能です。

また専門学校への進学や、就職をする生徒も少なくありません。
基礎学力をつけて大学に進学するもよし、資格取得をしてより自分の将来の夢実現に近づくもよし、周りに左右されることなく自分の目標を見定めそこに向けて前進することができるのです。
このつくば開成高校には頼りになる先生がいるので、この先生と相談をしながら様々なことを決めていくことができます。

posted in: 通信制高校

通信制高校への手続きについて

posted by: 通信制高校

通信制高校への手続きについて はコメントを受け付けていません。

まず、通信制高校の入学手続きには、いくつかの書類が必要となります。
自分で作成する「入学願書」とともに、「調査書」または、「報告書」と言われる書類が必要になります。
こちらは、卒業した中学校に作成してもらう書類で、場合によっては時間がかかるので、早めに準備するようにしましょう。
また、中学卒業後、五年以上経過している場合は「卒業証明書」が必要なことが多いので、注意しましょう。
また、転入学など、違う高校に在学、休学していた方は、「成績・単位取得証明書」や「在学証明書」などが必要になりますので、そちらの高校に書類を作成してもらいましょう。 これらの書類を準備したら、手続き期限までに入学希望の高校へ送付します。
そして、書類審査、面接がある場合もありますが、それによって合否が決まります。
入学手続きに必要な書類などは、通信制の高校によって異なることがありますので、注意して下さい。
また、入学時期が年4回あったりしますので、その点も高校ごとに確認する必要があります。

posted in: 通信制高校

全日制と同じ普通科で卒業

posted by: 通信制高校

全日制と同じ普通科で卒業 はコメントを受け付けていません。

通信制高校は全日制と同じ普通科で卒業できるので、需要が高まっています。
通信制高校は、通常の全日制の学校とは違い、毎日学校に登校する必要がないです。
主に自宅や学校の学習センターなどで学ぶことができ、課題や試験で単位を取得する教育課程になります。
卒業要件を満たせば、全日制と同じ普通科で卒業することができます。
このことから通信制高校に通う学生には、一般的に考えられる10代の学生や社会人など様々な年代の方が在籍しています。
また、近年では技能連携校定時制と連携した高校が増えています。

このような高校については履修を在籍している全日制の高校の卒業単位に組み込むこともできるので、家庭の事情や病気で全日制に通えない方などが活用しているなど利便性や需要が高まっています。
参入する学校法人や企業が多く、サービス内容も多様になっています。
これまでパンフレットなどの資料請求でしか学校の様子やカリキュラムの確認ができませんでしたが、最近ではオープンキャンパスや進学相談会も積極的に行われているので活用すると参考にすることができます。

posted in: 通信制高校

通信制高校からでも大学受験できます

posted by: 通信制高校

通信制高校からでも大学受験できます はコメントを受け付けていません。

まず、通信制高校とは、通信による教育課程のことです。学校教育法により、修業年限は3年以上と定められています。
通信制は、全日制や定時制と並ぶ教育課程であり、個々それぞれのペースで学習し卒業資格を取得することができます。
そのため、不登校になった人や中退してしまった人、勤労者や学力不振者などに適したスタイルです。

基本的には自主学習で、課題の添削や面接指導、試験などを通じて単位を取得していきます。
学年制ではなく単位制の方が多く、個人のペースで進めていくことができるので、最短では3年、在籍期間を活用して10年以上かけて卒業する人もいます。
2学期制を採用している学校が多いです。
通信制高校には、普通科や専門学科、総合学科などがあります。
通信制高校の大学進学率は低いですが、通信制高校から大学受験をし、大学へ進学する人もいます。
また、通信制高校でも指定校推薦が受けられる学校もあります。
AO入試を利用して、大学へ進学する人もいます。

posted in: 通信制高校